野菜 液体状にする

クビンスサイレントジューサーで素材の栄養を堪能しませんか

果物や野菜をそのままの状態で食べるか、ジューサーにかけて液体状にして飲むかはそれぞれ好みがあるでしょう。

 

 

ただどちらも元が同じ素材なら大して栄養の吸収率は変わらないイメージもありますが、実は後者のほうが吸収率が上がるそうです。

 

 

しかもクビンスサイレントジューサーであれば吸収率が約3倍強も跳ね上がり、消化吸収にかかる速度も短縮できるデータも存在します。

 

 

その他には栄養素の抽出に優れている点も報告されています。

 

 

これらの素晴らしいメリットがクビンスサイレントジューサーで得られる理由としては、一般的なブレードのついたジューサーにはない低速回転と特殊なモーターによって実現した高い搾汁率が搭載されているためです。

 

 

回転率が高いほうが加工に適しているように見えますが、実は回転率が高いものは空気と混じりやすいので酸化しやすく、素材を細かくする時に発生する熱で栄養素が変質する率が非常に高くなります。

 

 

つまり素材の栄養素をしっかりと生かしたいなら、低速回転が一番なのです。

 

 

しかもクビンスサイレントジューサーなら、低速回転でもジュースが完成するまでの時間が約1分と短いので、栄養をしっかりとチャージしたい朝の忙しい時間でも気にせず使用できる商品となっています。

 

 

>>クビンスサイレントジューサー公式サイトはこちら<<